2015年09月06日

BMW博物館

ミュンヘンのBMW本社の隣りにBMWの博物館があります。ここではBMWのくるまの歴史を見学することができます。

<BMW本社>
BMW 01b.jpg

4つのシリンダーを組み合わせたデザインで有名な本社ビルが奥にみえます。

<BMWの工場入口>
BMW 05.jpg

BMWは組立工場の見学ツアーがある。これが大人気らしい(私も工場を見学したかったが訪問時は休み。実に残念でした)

BMW博物館は入場料を払って中に入るとらせん状の通路を上りながらBMWの過去の歴史や歴代の名車、モデル、エンジンなどを見学することができます。BMW好きにはたまらない博物館ですね。グッズを販売するコーナーもあります。当時記念に購入したキーホルダは長らく引出にしまっていましたが、今の仕事くるまのレガシーのキーにつけて使ってます(笑)。

<イセッタ>
BMW 03.jpg

<古いロードスター>
BMW 04b.jpg

<オリンピック公園>
BMW 02.jpg

BMW博物館の近くにはミュンヘンオリンピックの主会場であったオリンピック公園があります。ランニングコースが整備されるなど市民憩いの場となっています。東京の新国立競技場も市民に愛される施設になってほしいですね。

(画像は筆者撮影)
posted by KH at 14:46| 自動車

2015年09月01日

記録:いすゞ117クーペ

いすゞ117クーペは学生時代に初めての車として購入。もちろん中古。

実家の近所に緑色のXCタイプがいて帰省するたびにいいなあと眺めていた。

購入車は1800CCキャブレター仕様(今の車にキャブレター仕様なんてあるのかな)。エアコンは助手席前のダッシュボード下に後付みたいに装備。メーターパネルを交換したり(パネルは解体屋さんで購入)、オーディオを取り付けて楽しむ。

古い車ゆえにトラブルは頻発。走行中にオーディオ配線が突然ショート(白煙が車内一杯に拡がる)、ラジエータホースが突然切れる(噴出した水蒸気でフロントが真っ白になる)。球切れはしょっちゅう。フロントのナンバープレートが知らずに落下したことも(あわてて回収にUターン)。学生の身分で時間だけはあったので車のトラブルには大概自分で対処。当時の車は割りとシンプルにできていたので自分で直したり交換できる部分が多かったですね。

現在もごくたまにですが古い117クーペが走る姿を街中で目撃します。

posted by KH at 09:18| 自動車

2015年08月31日

ミニバン全盛時代

二人目の子供が生まれた当時、日産・プリメーラからミニバンに乗り換えたいねという話になった。

・当時(2000年)はミニバン全盛時代。ホンダのオデッセイ、ステップワゴンにマツダのMPV(*)。日産のセレナ、プレサージュ(*)に三菱のグランディス(*)、ディオン(*)。トヨタはエスティマ、タウンエースノアにイプサム(*)、ガイア(*)というのもあった。3列シートにはプジョーの307SWという欧州モデルもあった。

・週末はもっぱらディーラーで試乗三昧。ホンダはエンジンがよく回る印象で(走れるミニバン)、トヨタはあまりいい印象がない。ノアはカーブで腰砕け、イプサムはシートが柔かすぎ。プジョーの剛性感は頼もしかったがギアシフトがギクシャクして街乗りしにくい面があった。

・どれも一長一短で決めかねてたところ、ビッグホーンを譲り受ける話が持ち上がり、その後走れて使い勝手の良いコンパクトミニバン、ザフィーラの購入に至る。

・国産ミニバンの全盛は過ぎ、少子化も相まって半数以上は後継モデルなく絶車(*)となっている。当時は家族の運転手と割り切ってミニバンを運転したお父さんも子育てが終わり、そろそろ車を趣味として楽しむ時期が到来したのではないでしょうか。

・そういう意味では今は国産・輸入車に問わず、選択肢が実に多いですね。同年代でそんな考えの友人は多いです。我が家は子育てがまだまだ終わらず、車選びもおのずと制約がまだあります。
posted by KH at 21:12| 自動車

2015年08月30日

記録:いすゞビッグホーン

いすゞビッグホーンは1999年に実弟から譲り受けた車。

タイプはハンドリングバイロータス。3.5Lのフルタイム4駆。都内で走ると燃費がなんと4km/L。高速でやっと7〜8km/L。スクエアなボディは見切りがよく、運転席からの視界の良さも相まって街中でも運転しやすい。雪道の安定性もさすが。2002年にザフィーラに乗り換え。
<トピックス>
・ショックをビルシュタインに交換したら安定性がビシッと良くなった。
・夏の炎天下、東京から淡路島に向かう東名高速で渋滞につかまる。しばらくして水温計がみるみる上がりエアコンが全くきかなくなった。やばいなあと思ったら前方の車がうそのように動きだし、サービスエリアに避難することができた(日陰でボンネットを開けエンジンを冷やす)。
・根強いファンがいて今でも街中で古いビッグホーンを見かける

DSCF0532s.JPG
<いすゞ ビッグホーン>
posted by KH at 18:16| 自動車

2015年08月29日

記録:オペル・ザフィーラ

オペル・ザフィーラは2002年に東京で購入。

当時はオデッセイ、ステップワゴンなどミニバン全盛時代。東京モーターショーでかたまり感のあるデザインと秀逸なシートの出来に一目ぼれし、念願かなって購入。欧州ミニバンの草分け。ハンドリングや高速安定性に優れ、一日800km走っても疲れ知らずの車でした。日常の足やドライブ・旅行に活躍。
<諸元>
・FF4気筒1.8L/125PS、7人乗り
・4315o×1740o×1630o、1420kg
<特徴>
・意外にトルクがあって街乗りも楽。普段は5人乗り。
・シートのからくりが秀逸。サードシートを格納するとフラットで広い荷室に変身。引き起こすと大人が快適に座れる空間に早変わり。足先がセカンドシートの下にすっぽり収まるのが大きいかも。
・初めてのドイツ車だったので国産車との違いに興味津々。
・リフターが左右標準装備(国産は運転席だけが多い)
・ドアロックがガシャっと音を立てて上下する。
・スペアタイヤは装着タイヤと同じでアルミ付き。
・電動パワステはハンドルを回すとウイーンとモータが軽く唸る。
・電動ミラーでない(立体駐車場ではいちいち降りて左右畳んでいた)
・シングルホーン(音がしょぼい、鳴らす機会めったにないが)
<故障歴>
・エンジン・足回り・電気系統の故障なし。肘掛とバックドアの故障くらい。
<オーナーズクラブ>
・ザフィーラ・オーナーズクラブに当時加入。
<派生車>
・スバルトラビック(2.2L)・・・今もたまに見かけます。

DSCF0541s.JPG
<オペルザフィーラ>
posted by KH at 23:02| 自動車

2015年08月25日

2015夏 台風15号の影響

鹿児島県が台風銀座と言われなくなって久しい。

ここ数年は鹿児島県本土を直撃する台風の記憶がありませんが、昨日の台風15号は久しぶりに台風らしい緊張感をもって夜を迎えました。夜中の1時半頃からビュービューとベランダのガラスに打ち付ける風雨の音と風圧でなかなか眠りに付けません。石垣島の70m/秒には及ばないが鹿児島市の最大風速は45m/秒と強いものでした。進行速度が速かったためか鹿児島市内の被害はそれほどでもなかったと思いますが、それでも翌朝は近所の樹木が倒れたり、マンションの自転車がなぎ倒されたり、駐車場にいろんなものが散乱したり、台風の爪跡があちこち残ってました。事務所から仕事でお客さんの会社に電話したら不通だったのには驚いた。早く復旧してほしいものです。

もっとも今回の台風より凄かったのは10年前の台風。ゴーゴーという音とともにマンションが揺れ、ベランダのガラス戸は強風で大きくたわみ、サッシの隙間から雨は室内に吹き込むわ、ベランダの非常用梯子が宙吊り状態になってガラガラと強風で揺れるわ、階下の部屋を破損させるんじゃないかと夜中気が気でなかったです。鹿児島にUターンで帰った直後だったので本当にビックリでした。

これから台風シーズンが続くので気を緩めてはいけませんね。

追記:薩摩半島のすぐ西側を台風15号が北上したことで枕崎市から出水市にかけて半島西側の被害が大きかったようです。
posted by KH at 21:40| 自然・火山

2015年08月11日

薩摩よりみち風景街道

子供が出水市のお友達ん家にお泊りするというので車でドライブを兼ねて一緒に出かけました。西回り自動車道に乗り薩摩川内市のICで降りて後は国道3号線(*)をのんびり北上。途中の海水浴場で休憩し(単に立ち寄っただけ)2時間でお友達ん家に到着。鹿児島市からもう一人のお友達も一緒で楽しいドライブでした。

子供たちと別れて帰りはどっちを通って帰ろうか迷いましたが、高尾野麓に立ち寄ることに。ここは素晴らしい武家屋敷通りが残っています。

<高尾野麓>
DSC012692.JPG

高尾野町から山越えする国道504号線(紫尾道路)を通って帰りました。504号線は名ばかりの国道でなんと1車線!の山道(林道)。途中に長いトンネルが開通してましたが通過するのは自分たち1台だけ。しかも長いトンネル内は霧が立ち込めなかなかスリルな国道。堀切峠を越えると後はずっと下り坂でいくつか集落を通るとさつま町の市街地にでます。いや〜めったにできない経験でした。

<国道504号線>
DSC01298a.JPG

 
道の駅ひわきでお昼を食べ、入来峠を通って鹿児島市に戻りました。子供たちはお友達の家で楽しく過ごさせてもらったとか。感謝です。

(*)東シナ海沿いを通る国道3号線が国土交通省が選定する日本風景街道の九州ルートに、「薩摩よりみち風景街道」として選ばれた。海沿いを走るこのルートは気持ちいい。天気がよいと甑島も遠くに見えるし。
posted by KH at 23:09| 歴史・文化

2015年07月26日

ウエブ面接とは

7月24日(金)午後から福岡市の九州経産局の入る建物で行われたウェブ面接セミナーと特許室の意見交換会に参加しました。

セミナーで説明のあったウェブ面接とは特許庁審査官との面接をウェブ上でも行えるというもので、通信速度とか通信容量とかネット環境が近年格段によくなったので、ウェブ面接を申し込むことにより、カメラとマイクを装着して双方向通信で審査官と面接が行えるようになりました。実際のデモを拝見すると、やり取りが意外とスムーズにできるなという印象を持ちました。九州みたいな遠隔地だと特許庁とウェブ上で面接ができれば非常に便利ですね。ただし、互いにスムーズに意志疎通が図れるよう進行面などコツがあるようでした。それと審査官が地元まで出張していただける出張面接も是非活用したいなと思いました。ちなみに福井県では出張面接の実績がけっこうあるようです。

意見交換会後の九州支部10周年記念イベントの反省会では、帰りの新幹線の時間まで十分余裕がある積りでしたが、お店から新幹線の改札までの距離がとても遠く感じ、非常に焦りました。改札には10分前に着きましたが、もう少し余裕を持ちたいですね。
posted by KH at 21:58| Comment(0) | 知財の実務

2015年07月15日

照国神社六月灯

鹿児島の夏の風物詩六月灯がはじまりました。
照国神社の六月灯は明日まで。
六月灯の献燈に初めて事務所の広告を出しました。40cm×50cmの中燈に3000円也。広告効果は「おねだん以上」じゃないかなと思います。山形屋さんとかビッグサイズの献燈に広告を出されている企業も多くおられます。場所も一等地ですし広告料はいったいいくらなんでしょう。

150716s.JPG

150716-2bs.jpg 151716-4bs.JPG

今日の鹿児島市内の最高気温は気温がぐんぐん上がって34℃。照国神社に出かけようと思いましたが暑さに閉口しました。台風の影響が減る明日は暑さがやわらぐか
posted by KH at 19:14| Comment(0) | 歴史・文化

2015年07月11日

日本弁理士会九州支部式典

7月10日に福岡市のホテル日航で日本弁理士会九州支部の設立10周年記念式典がありました。私は受付担当。

150710-2cs.jpg 弁理士会のキャラクター、はっぴょんくん
 と。若手弁理士が中に入っています。
 記念セミナーは「100年愛されるキャラ
 クター」を目指すくまモンの話と門司税関
 による輸入侵害品の取り締まり。前者は夢
 を語る講話、後者は実務上大事な話。
 長く愛されるキャラクターはミッキーマウ
 スとかピーターラビットでしょうか。ミッ
 キーマウスの故郷は思い浮かばないですが
 ピーターラビットの故郷は有名なイギリス
 湖水地方。

くまモンからどんな熊本がイメージできるのかいろんなイメージ戦略がありそう。式典は来賓の福岡県知事らによる祝辞、懇親会は前福岡県知事が乾杯の音頭。新旧両知事はどちらも元特許庁長官。発明に絡めた面白い話を披露されました。懇親会ではコンサル委員会などで旧知の先生方とお会いする。これからの10年につながる式典になったと思います。
posted by KH at 22:17| Comment(0) | 県外出張