2017年01月28日

南日本新聞俳壇「屋久島」

南日本新聞の読者文芸欄に、今年で85歳になる実父の俳句の想い出が掲載されました。父は俳誌「ざぼん」に所属。

タイトルは「屋久島
屋久島は父が新採教員になって最初の赴任地。昭和29年というから戦後まだ10年もたたない頃。父によると鹿児島港からの船で船酔いに苦しみながら安房港に着き、そこからボンネットバスに揺られながら赴任地の栗生に降り立ったという。保護者からは二十歳そこらの坊主頭の詰襟が子どもの担任と知って驚いたが、温かく迎え入れてくれたらしい。当時の教え子と山にメジロ捕りに行ったり、栗生浜にウミガメの卵を採卵に行ったりしたエピソードを語ってくれました。

ウミガメの採卵のエピソードは面白い。時代は昭和29年。当時は浜に上陸したウミガメが産卵した卵を子供たちと採卵し(100〜150個のうち20〜30個は砂浜に残した)、採卵した卵を地域で売り歩き、売り上げた代金は学校の学用品代に宛てたそうです。保護者も亀卵の売上の用途を知っているので子供たちに喜んで協力してくれたそうです。

南日俳壇に掲載された父の想い出は、屋久島に赴任した年の夏休みに宮之浦岳に他の先生や職員と一緒に登ったときのもの。総勢7名が2泊3日の宮之浦登山に出発。安房から屋久島営林所のトロッコ列車に乗せてもらい、初日は小杉谷集落(当時屋久杉の伐採で多くの関係者とその家族が小杉谷に暮らしていた)にある分校の計らいで宿直室に一泊し、翌日に湿原の花の江河を経て宮之浦岳の山頂へ。登頂できて達成感で一杯だったんでしょう。みんなで万歳三唱したそうです。

夏の岳万歳の声散りめきぬ

夏山や眼下に見ゆる種子島

父の屋久島への赴任は7年におよびその間に母が嫁ぎ、姉が生まれました。栗生小学校を一人だけ離任するとき教え子や保護者が栗生浜に大勢見送ってくれたそうです。当時の写真を見ると手漕ぎのはしけ船(伝馬船)に乗った父と幼い姉を背負った母がたくさんの紙テープを手に持ち見送りの子供たちや保護者と別れを惜しんでいる様子が見られます。離島に赴任する先生、離島から離任する先生を紙テープで子供たちが見送る風景は今も各地の港で見られる鹿児島ならではの風景です。

屋久島でセミナーを開いたとき、私の名前を聞いて懐かしがった当時の教え子の方が栗生からきてくれました。父は栗生小学校の同窓会(還暦祝い)に招かれ、50年ぶりに当時の教え子と再会を果たしました。今も当時の教え子の方との交流があるようです。なんだかうらやましいですね。

posted by KH at 16:21| 歴史・文化

2017年01月16日

2017 謹賀新年

image1a.JPG

2017年明けましておめでとうございます。

2016年はいろんな出来事がありました。
一番大きいのは鹿児島県と日本弁理士会による知財支援協定。これは鹿児島県の知財推進に日本弁理士会が支援しようとする協定です。「金融知財フォーラム in 鹿児島」や「巡回特許庁 in 鹿児島」もありました。金融と知財のコラボによるフォーラムは鹿児島初です。

2017年はどのような1年になるでしょうか。
トランプ大統領の登場、TPP問題、日米・日中・日韓・日露関係、経済が影響される以上、知財も少なからず影響されると思います。鹿児島から始まった明治維新150年を翌年に控えて飛躍の年。鹿児島を知財で盛り上げたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします

弁理士 東 和博


image2a.JPG

上は鴨池港から望む元旦の桜島/下は鴨池港から望む初日の出



posted by KH at 21:22| 事務所の日常

2016年12月25日

2016 アミュ・イルミネーション

image12s.JPG
鹿児島中央駅前アミュプラザ

今年の鹿児島中央駅前アミュプラザ前のクリスマスイルミネーションは例年より一味違います。薩摩切子をモチーフとした和モダンなデザインがいいですね。天井の装飾もすばらしいです。

下はJR九州博多駅のアミュプラザ前のイルミネーション。鹿児島の方が際立っているように思います。

image10s.JPG
博多駅アミュプラザ前

posted by KH at 16:31| 街の風景

2016年11月29日

2016 奄美・瀬戸内町へ

DSC02425s.jpg

11月中旬、JACで奄美大島に出張しました。奄美市と南端にある瀬戸内町の2か所です。

移動は島内を走るしまバス。午後からの奄美大島商工会議所での相談会を終え、古仁屋に着いたときはすっかり日が暮れて、さながら「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のような出張になりました。いまから9年前、2007年にやはり相談会で古仁屋をバスで訪れた時(「知財セミナー相談会in瀬戸内町」)は険しい山道を通って古仁屋までようやくたどり着いた感じでしたが、現在は当時よりも道路事情がずいぶんと良くなっています。

翌日は瀬戸内町古仁屋の商工会にて知的財産相談会。古仁屋は奄美市の名瀬に次いで奄美大島第2の町で険しい峠を越えた入江にこんなにぎやかな町があるのが実に不思議です。旧日本海軍の連合艦隊の停泊地であったという歴史があり、瀬戸内町内には多くの戦跡が残っている。目の前には加計呂麻島があり、海上タクシーですぐ渡れる。時間があれば加計呂麻島に渡ってのんびりしたいと感じさせる場所ですね。

DSC02457s.jpg
山に囲まれた入り江にある古仁屋の町並み

DSC02461s.jpg
加計呂麻島に渡る海上タクシー

地域団体商標を取得した「かけろまきび酢」は瀬戸内町の名産で、サトウキビを原料とする全国唯一の酢。この地にしか生息しないという酵母菌によって醸造されている。古くから地元だけで製造された特産品で意外にも昔から全国に流通している。そんな背景があるゆえに地域団体商標を取得できたと言えます。貴重な名産としてもっとPRしていいと思います。

古仁屋から出発するバスの時刻が空港の出発時間に間に合わない心配がでてきたため、瀬戸内町商工会の経営指導員さんに急遽車で奄美市まで送って頂きました。離島でのバスの移動は不便で島の事情を考慮に入れてほしいところ。その後しまバスで空港へ移動し、無事にJACに搭乗。

今回の出張ではしまバスに揺られながら自然豊かなここ奄美大島をどう観光につなげられるのだろうと考えてしまいました。知財に関する相談は鹿児島県知財総合支援窓口まで。お気軽にご相談ください。

DSC02477s.jpg
JACから見える桜島
posted by KH at 22:13| 県内出張

2016年11月03日

2016 B4の平均燃費

B4161104s.jpg
<B4のインフォメーションディスプレイ>

うちのB4は排気量が2.5L、173psで車重がちょうど1.5トン。Sパッケージでカタログ燃費(JC08モード)が13.2km/L。別タイプのLパッケージやBスポーツタイプはエンジンが同じですがカタログ燃費は14.4km/L。

Sパッケージのカタログ燃費が低い理由は、車重が若干重い点と、それに加えて標準タイヤをスポーツ志向の扁平タイヤ(225/45R18)を採用した影響もあるのでしょうか。購入先のディーラーがブリヂストンのポテンザを装着してくれました。

さて実際の燃費はどうかというと、鹿児島市外への出張があったときは当初8.5km/L前後でしたが、鹿児島市内の移動が中心になると次第に低下して8.0km/L。ついに8.0km/Lのラインを超えて現在は7.8km/L。これ以上数字が下がらないことを願うのみです。
 
それにしても、変速機はCVTだし、アイドリングストップ機構をフル活用しているし、もしや10km/Lはいくかなとの淡い期待は見事に外れました。ゴルフワゴンが街乗りで12km/Lを普通に出すという話をきくとうらやましい。レギュラーガソリンなのが救い。300psのハイオク仕様、GTターボにしてたらどうなっていたことか(当初こちらはどうですかと勧められました)。

posted by KH at 22:14| 自動車

2016年10月30日

2016 巡回特許庁 in 鹿児島

10月26−27日の2日間、「巡回特許庁 in 鹿児島」に参加しました。

巡回特許庁2016s.jpg

巡回特許庁は、特許庁が地域ブランドの強化に力を入れているセミナーで、全国各地を巡回して今回鹿児島にやってきました。初日は地域団体商標を含む地域ブランドセミナー、2日目は初心者向け説明会とテレビ面接デモです。

初日の地域ブランドセミナーは札幌・北海道コンテンツ戦略機構の井上俊彦氏によるお話。地域団体商標を取得した様々な商品をひとまとめにして外国人向けに売り込むという手法はインパクトがありそうです。単品ばらばらでなくひとまとめにして売り込むという点が重要なポイントですね。

翌日はテレビ面接デモから参加。特許庁と出願人代理人をWeb画面でつないで面接を行うというテレビ面接は意外に使いやすそうで一度発明者を交えて試してみたいです。

20161027b.JPG

posted by KH at 16:21| 知財セミナー・イベント

2016年10月28日

2016 カーナビ&バックカメラ

B4 03 b.jpg

実はゴルフのワゴンも候補に入れてましたが、カーナビの位置が低く選択肢から外しました。目線に近いほうが使いやすいですからね。レンタカー以外でカーナビを操作するのはいまどき初めてなので興味津々です。

初めての目的地に出かける時やそこから自宅に帰るときは音声ガイド付きのカーナビ案内はやはり便利です。目的地までの到着予想時間も表示してくれるので時間調整の目安にもできます。昔のカーナビは海の上を走っているという笑い話があるほど精度が悪かったようですが、今のカーナビはかなり正確。たまに現在地が100mほど離れるときもありますがしばらく走ると修正されている。

オーディオはAM/FM/デジタルTVの受信、CD/DVD、SDカード、iPod/USBと音源が多彩です。AM/FM/デジタルTVは自動受信で前車みたいに自分で設定する必要がない。音響効果を複数設定でき、ホールに設定するとライブのようなエコーがかけられる。面白いですね。音も悪くない。昔のカーオーディオとは隔世の感がある。MiniDiscが使えないのはちょっと寂しい。

バックカメラ機能は安心につながります。シフトをR(リバース)に入れるとナビの画面がバックに切り替わる。後退動作は従来とおりミラーを見ながらですが、バックカメラで背後が見れるのは助かる。ミラーだと背後の車との間隔がつかみ難いですからね。

posted by KH at 10:03| 自動車

2016年10月23日

2016 スバルアイサイト

B4 13b.jpg

スバルと言えばアイサイト、アイサイトは頭上の2つのカメラで前方を監視するシステム。走行中にレーンを外れると白線をカメラで感知してピピッと警告してくれます。本線に合流しようとして停止中の前車に近付き過ぎるときもピピっと警告してくれます。

アイサイトは衝突を回避する自動ブレーキ機構を代表とするシステムですが、オートクルーズ機能がついています。アイサイトはあくまで運転支援のためのシステム。車の受け渡し時に一般道や街中ではオートクルーズは使わないでくださいねと注意を受けました。オートクルーズ機能は高速道や自動車専用道での使用が前提です。

B4のオートクルーズ機能は車速追従機能がついています。薩摩川内市まで南九州自動車道を走る機会があったので試してみました(以下、忘備録)。

使用方法は次のとおり。本線に合流し、しばらく車の流れに乗ってオートクルーズのスイッチを入れ、セットスイッチを入れるとその時のペダルの速度がセットされる。これによりオートクルーズ運転を開始できる。ペダルを離すと自動定速走行になっている(おぉ感動)。車の流れが速くなったのでセットスイッチを+側にあげると設定速度が上がる。車の流れが遅くなって前車が近づくとブレーキを踏まないのに速度が下がる(追従機構が働いている)。オートクルーズ運転中にブレーキを踏むとオートクルーズが解除される。別のスイッチを押すと前車との間隔を大中小の3段階に調整できます。

オートクルーズ運転中は気を張っていたせいか操作や追従の感覚に慣れるまではペダル操作が楽かな。薩摩川内市までの短距離ではなく、熊本や福岡などへの長距離移動なら恩恵を十分感じれそうです。

posted by KH at 14:26| 自動車

2016年10月12日

2016 南大隅町・佐多へ

sata 03s.JPG

9月の下旬、大隅半島にある本土最南端の町、南大隅町の佐多(旧佐多町)へ出張してきました。

目的は商標の相談。垂水フェリーで垂水港にわたり、そこから車で佐多街道をずっと南下すると、約2時間(鹿児島市からは約3時間)で旧佐多町に着きます。

2時間相談をお受けし、同じ佐多街道を北上して戻りました。途中の道の駅に2か所立ち寄り、南大隅町や鹿屋市の特産品をリサーチアンド購入して帰りました。

posted by KH at 22:14| 県内出張

iPad Pro 購入

以前よりiPadを使いたいと思っていたので、軽量タイプが発表されたというので、iPad Proの9.7インチを購入しました。

R0010063s.JPG

500g足らずと軽いのでレッツノートの代わりのデバイスとして出張用に重宝できるだろうと考えていましたが、メールの設定が上手くいかず(受信はできるが送信が・・・)、検索やYouTubeの視聴が中心になってしまいました。メールの問題さえクリアできれば、出張など今まで以上に活用できると思うのですが・・
posted by KH at 00:00| IT・PC・カメラ