2018年02月04日

日豊本線の沿線風景

JR日豊本線の鹿児島ー宮崎間は見どころが多い。
左は出発前の宮崎行き特急きりしま。右は指宿枕崎線の普通列車。
R0010086s.JPG
鹿児島中央駅ホームにて

JR国分駅の手前で左側に冠雪の霧島連山が見える。今年の冬は鹿児島も寒い。霧島連山がくっきり見えるのはめずらしい。望遠だったらくっきり撮れたかも知れません。
R0010105s.JPG

宮崎に着くとぽかぽか暖かい。鹿児島よりも暖かく感じます。駅前のレンタカー店に寄ると今回はマツダのアクセラが用意されていました。マツダと言えばスカイアクティブ。わくわくします。

帰りの特急きりしまを待つ間、JR九州ホテル1階のコーヒー店で休憩。
R0010118s.JPG

特急きりしま鹿児島中央行きに乗車。沿線を眺めながら日が暮れるころ、一本の飛行機雲がすっと向うまで伸びていました。
R0010161s.JPG

今回、宮崎行きにリコーのGRを持参。撮影をいろいろ試したみたいと思います。

posted by KH at 17:12| 鉄道・乗り物

2018年01月28日

2018 リコーGRU購入

スナップカメラとして定評のあるリコーGRを購入しました。年末にビッグカメラ鹿児島中央駅店に行ったら各店舗にも在庫がなく、注文してから年明けにようやく手元に届きました。

DSC06257s.JPG

リコーのGRシリーズは1996年に初代のGR1が発売され(初代はフィルムカメラでコンパクトカメラながら定価9万円と当時から高かった)、その後2005年にデジタル化されたGRデジタルが発表され、2013年の第5世代GRを経て、現在はGRUに移行(進化?)しています。購入したのはGRU。初代から20年経ってもほとんどデザインが変わらない点はおどろきです。

GRはイメージセンサが大きく(一眼レフと同じAPSーCサイズ)隅々まできれいに撮れる描写性があるのに、携帯性にも優れる点(レンズの出っ張りがない)が気に入ってます。早く暖かくなってくれませんかね。散歩に持参していろいろ試し撮りしてみたいです。

※これで手持ちのカメラは4台目。ソニーのα6000の他、キャノンのデジタル一眼レフ、ミノルタのフィルム一眼レフも一応現役です。

posted by KH at 11:13| IT・PC・カメラ

2018年01月19日

イプシロンロケットと夜光雲

DSC06258c.JPG
(sony α6000で撮影)

2017年1月18日の早朝、鹿児島県内之浦のロケット基地からイプシロンロケット3号機が飛び立ち、衛星をみごと軌道に乗せました。イプシロンロケットは日本が生んだ小型ロケットの黎明期に開発されたラムダロケット、ミューロケットの技術を受け継ぐ最新の小型ロケットとしてイプシロンと命名されたそうです。2013年の1号機がカウントダウン0になっても飛び立たず何が起こったんだろうと困惑したのは記憶に新しい。

雲一つない夜明けに打ち上げられたので朝早く起きていたら大隅半島の上にイプシロンロケットの軌跡が見えたかもしれない。朝6時半過ぎに「変な雲が浮かんでる〜」との声にベランダに出てみたら、これまで見たことのない不思議な雲が桜島の上方に漂っていました。

イプシロンロケットの噴煙の跡かなあなんてお互いに話していたら、テレビのニュースでも話題になったらしく、テレビの解説では夜光雲という現象だそうです。もちろんイプシロンの影響です。

posted by KH at 22:38| 自然・火山