2018年06月24日

2018 桜島の活動

桜島は普段おとなしく穏やかな表情をしていますが、突然びっくりするような、活火山としてのこわい顔を見せるときがあります。

桜島が突然爆発し、風に乗ってドカ灰が鹿児島市内方面へ流れました。

DSC06457s.JPG

鹿児島市内はみるみるうちに暗くなり、街中を走る車はヘッドライドを点灯させることに。

DSC06456s.JPG

鹿児島市内は海と隔てて桜島と向き合っており噴火があっても割にのんびりと構えているが、桜島の集落や地続きの垂水市ではそうはいかない。桜島の埋没鳥居を見学しにいったときに、噴火口からシューシューと水蒸気が吹き上がる音がまじかに聞こえ、ここいらの子供たちはすごいところで毎日学校に通っているのだなと改めて感じたことがあります。
posted by KH at 00:00| 自然・火山

2018年06月10日

2018 佐賀県庁訪問

佐賀県と日本弁理士会は知財支援協定を結んでいます。
瀬戸内町出張の翌日、地元佐賀の先生と一緒に佐賀県庁を訪問し、今後の活動方針について意見交換してきました。

JR佐賀駅でお昼に腹ごしらえを。
R0010753s.JPG 
かつ丼は好物

肥前佐賀藩は、鍋島家の下、福島種臣、大木喬任、江藤新平、大隈重信など多様な人材を輩出し、明治維新の原動力に。明治維新150年を記念して「肥前佐賀維新博覧会」が開催されています。

R0010745s.JPG 
佐賀城のお堀。奥は佐賀県庁新館

県庁の方々とは実りある意見交換ができました。。。

帰りの特急を待つ間、しばし小休止。
R0010752s.JPG
posted by KH at 00:00| 弁理士の活動

2018年06月08日

2018 奄美・瀬戸内出張

瀬戸内町商工会から商標相談のお話があり、日帰りで瀬戸内町に行ってきました。

日帰りといっても鹿児島空港から奄美空港に移動し、そこから車で奄美大島の南端にある瀬戸内町を目指すので滞在時間はさほどありません。鹿児島空港からは小型のジェット機です。

R0010700s.JPG
奄美空港に着陸

奄美空港は昨年10月にリニューアルしたらしく建物が非常にきれいです。空港から経営指導員さんの車で瀬戸内町へ。初めて瀬戸内町を訪れた10年前は空港からバスで乗り換えて2時間半かけて峠を越え瀬戸内町の中心、古仁屋に入りました。今は便利なトンネルが開通し時間がだいぶ短縮されています。

R0010724s.jpg
瀬戸内町の中心、古仁屋

お昼は古仁屋の食堂でラーメンを。瀬戸内町商工会にて商標のアドバイスをし、近くの商店で田原屋のかりんとうを購入して帰路に。商店の店先にはパッションフルーツが一袋650円で販売中。

R0010716s.jpg

瀬戸内町の滞在時間はたったの2時間半。目の前に加計呂麻島があるのに今回も渡れませんでした。経営指導員さんの車で世間話をしながら奄美空港へ。帰りは小型のプロペラ機でした。

R0010741s.JPG
眼下に桜島

posted by KH at 00:00| 出張(鹿児島/離島)