2009年10月29日

肥薩線・観光列車「いさぶろう」

isaburo-012b.jpg
霧島連峰

肥薩線は、多くの木造駅舎が残り、雄大な矢岳越えの日本三大車窓、大畑駅のループ線とスイッチバックなど見どころが多く、鉄道ファンにとってだけでなくとても魅力のある鉄道路線です。吉松駅から人吉駅まで観光列車「いさぶろう」(上りは「しんぺい」)が運行しています。

真幸駅で最初のスイッチバック。真幸駅のホームに幸せの鐘がある。

isaburo-010.JPG
真幸駅

肥薩線で一番長い矢岳第一トンネル(全長2096m)を過ぎると肥薩線の最高所、矢岳駅に着く。ここには当時のSLがトンネルを通過するときに煤でよごれた顔や手を洗う水盤がホーム上に残っている。

isaburo-019.JPG
矢岳駅

isaburo-018.JPG

ループ線を経由して大畑駅に着く。
isaburo-019.JPG
大畑駅

大畑駅の木造駅舎にはびっしりと名刺が貼ってあった。
isaburo-020.JPG

大畑駅で2度目のスイッチバックのあと終点の人吉駅に向かう。

posted by KH at 16:14| 鉄道・乗り物

2009年06月01日

100年レイル肥薩線の旅

弁理士業と産業遺産とは直接関係ありませんが、鹿児島県内の産業遺産(明治〜大正)には大変興味あります。先月 私の所属する鹿児島県工業倶楽部で「100レイル肥薩線の旅」の企画があり 参加しました。参加した感想ですが、大変良かったです。

肥薩線は、熊本駅−人吉駅−吉松駅−鹿児島駅(実際は隼人駅)を結ぶ壮大な鉄路です。なぜ壮大かというと、八代−人吉間は川線と呼ばれ、日本三大急流と呼ばれる球磨川渓谷の絶景を堪能できますし、人吉−隼人間は山線と呼ばれ、2つのスイッチバック、1つのループ線で険しい山を越え、そして日本三大車窓の霧島連山のパノラマを楽しむことができます。肥薩線には、嘉例川駅を初めとする明治期の木造駅舎など、明治期の鉄道施設が多く残り、生きた鉄道博物館として知られているそうです。

さて「100年レイルの旅」は、鹿児島中央駅から観光特急「はやとの風」で吉松駅まで行き、吉松駅から「しんぺい・いさぶろう号」で急勾配の峠を越えて人吉駅まで行き、そこからSL人吉に乗って新八代駅まで行き、最後に新八代駅から九州新幹線に乗って鹿児島中央駅まで戻る(逆回りのコースもあります)という、南九州をぐるっとめぐる旅です。

特に汽笛一声で出発するSL人吉は懐かしさと郷愁と感動の連続でした。沿線からSLに手を振る人、手を振り返す乗客、感動を共有できるSLは実に素晴らしい。途中下車の出水駅近くで行われた懇親会で、或る社長の感想(「鹿児島中央駅から4時間で新大阪駅まで行ける時代に、8時間もかけてやっと出水駅まで進むという今回の旅は実に素晴らしかった」)がとても印象に残りました。

posted by KH at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・乗り物

2007年12月13日

2007 リレーつばめ

九州新幹線の一部開業により、鹿児島中央駅〜新八代駅間は九州新幹線「つばめ」が運行し、新八代駅〜博多駅間は、在来の鹿児島本線を「リレーつばめ」が接続して運行します。

九州新幹線「つばめ」が新八代駅に到着すると、同じホームの反対側に「リレーつばめ」が停車しており、乗客はスムーズに乗り移ることができ、さほど面倒くささは感じません。同様に、帰りの「リレーつばめ」が新八代駅に到着すると、同じホームの反対側に九州新幹線「つばめ」が停車しています。

鹿児島中央駅から九州新幹線「つばめ」と「リレーつばめ」に乗り継いで博多駅までの所要時間は約2時間40分。それまでの在来線特急よりは所要時間がずいぶんと短くなりました。九州新幹線が全線開通したらもっと時間が短縮されるでしょうから、2011年の全線開通がとても楽しみです。

DSCF4232s.JPG
 新八代駅/九州新幹線「つばめ」

DSCF4229s.JPG
新八代駅/リレーつばめ

 
posted by KH at 00:00| 鉄道・乗り物

2007年11月09日

2007 九州新幹線

昨日は福岡市に出張でした。鹿児島中央駅から博多駅まで九州新幹線で約2時間40分。福岡までの距離感がずいぶん短くなったとはいえ2時間40分はまだ長いと感じます。現在 新八代〜博多間の工事が急ピッチで進んでいます。4年後の2011年には間違いなく全線開通するでしょう。鹿児島〜熊本間、鹿児島〜福岡間の移動時間が大幅短縮されることはまちがいありません。 DSCF4210s.JPG 
九州新幹線の開通によって九州内の人の交流がどんどん進んでいくと思います。自分の仕事にも大きく影響を与えるはず。いまのうちからその準備をしておかねばと思います。

ところで博多駅の構内には鹿児島の観光を宣伝するポスターやのぼりが多く飾られています。鹿児島県民の一人として実にうれしいようなありがたいような。最近新たに温泉峠というコピーが登場しました。黒豚横丁って天文館のどこにあるんですかと観光客に聞かれたように、温泉峠って霧島のどこにあるんですかと聞かれそうです。 DSCF4349s.JPG 博多駅の構内

posted by KH at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・乗り物