2018年02月04日

日豊本線の沿線風景

JR日豊本線の鹿児島ー宮崎間は見どころが多い。
左は出発前の宮崎行き特急きりしま。右は指宿枕崎線の普通列車。
R0010086s.JPG
鹿児島中央駅ホームにて

JR国分駅の手前で左側に冠雪の霧島連山が見えました。今年の冬は鹿児島も寒い。霧島連山がくっきり見えるのはめずらしい。望遠だったらくっきり撮れたかも知れません。
R0010105s.JPG

宮崎に着くとぽかぽかと暖かい。鹿児島よりも暖かく感じます。駅前のレンタカー店に寄ると今回はマツダのアクセラが用意されていました。マツダと言えばスカイアクティブ。わくわくします。

帰りの特急きりしまを待つ間、JR九州ホテル1階のコーヒー店で休憩。
R0010118s.JPG

特急きりしま鹿児島中央行きに乗車。沿線を眺めながら日が暮れるころ、一本の飛行機雲がすっと向うまで伸びていました。
R0010161s.JPG

今回、宮崎行きにリコーのGRを持参。撮影をいろいろ試したみたいと思います。

posted by KH at 17:12| 鉄道・乗り物

2018年01月07日

2018 観光列車「たまて箱」

正月に親と墓参りに出かけたら、観光列車「たまて箱」がやってきたので思わずカメラに収めることができました。

DSC06245b.JPG

「たまて箱」は九州新幹線の開業効果を地方に波及させるためにJR九州が企画した観光列車で、鹿児島中央駅から指宿温泉で有名な指宿駅まで一日3便が往復しています。駅に到着すると温泉をイメージさせるミストがドアの上から噴射されるようになっているそうです。こういう仕掛けは話題性ありますよね。

DSC06247b.JPG

ところで、昨年12月にJR九州から発表された減便(管内の新幹線・在来線あわせて117便の減便)の方針は各方面に波紋を呼びましたが、私もショックを受けたというか、JR九州もいよいよ減便に手を付けるようになったかと感じました。

これはJR九州だけの問題ではなく、観光列車を残しつつ、沿線自治体を含め、交通体系の利活用や利便性をこれからどう維持していくか、全体で考える問題だと思います。たとえは駅に着いてからその先のアクセスが今より良ければもっと鉄道が使いやすくなって乗車率の向上につながると思うんですよね。

posted by KH at 00:00| 鉄道・乗り物

2017年12月01日

肥薩線駅舎のある風景

九州自動車道の横川ICを降り、おそらく初めて通る山間の県道を目的の事業所(発明品の見学を兼ねて訪れた事業所です)に向かう途中、左手にとても風情のあるかわいらしい駅舎が目に留まり、思わず車を停めて駅舎の方へと歩きました。

JR uemura 03s.jpg

ここ(JR肥薩線うえむら駅)は無人駅ですが、地元で管理されているのでしょうか、待合室を兼ねた駅舎とホームがとても小ぎれいで大事に管理されているようすが伝わってきます。駅名を示す手作り風の看板もいい味を出している。映画やアニメのロケ地としていい場所だろうと思うのですが、是非いかがでしょう。

JR uemura 02s.jpg

駅のホームでうろうろしてたら、ちょうどいい具合に一両編成の普通列車(ディーゼルカー)がやってきました。

JR uemura 01s.jpg

普通列車がホームに到着するようす。動画をユーチューブにアップロードして、本記事に埋め込んでみました。


普通列車がホームから出発するようす(動画)


posted by KH at 00:00| 鉄道・乗り物

2017年04月27日

2017 関西出張〜東京へ

スカイマークに乗って今月2回目の関西出張です。四国山地の山頂は残念ながら雪が消えている。下は徳島平野を流れる吉野川。

image t001b.JPG

神戸・三宮センター街にいってみた。むちゃくちゃ人が多い。

image t002b.JPG

甲子園のホテル夕立荘に泊まって翌朝、阪神電鉄で梅田駅へ。隣のJR大阪駅に移動。この駅はおそらく30年ぶり。ガラス屋根のホームをガラスの大屋根が覆うという実にモダンな構造です。

image t003b.JPG

JR大阪駅から新大阪駅へ。「のぞみ」の富士山側の指定席を取ろうとしたら一杯で2つ後の便しか取れず。富士山側は人気があるようです。

image t004b.JPG

久しぶりの「のぞみ」はわくわく。大阪〜京都間は高度成長期に建てられたミニ開発住宅があちこち見られる。京都〜名古屋間は山裾に古い日本民家や水を張った田んぼが懐かしい。名古屋〜新横浜間はいよいよ富士山を見れるかと思ったが曇り空で残念な結果に。新横浜駅前は昔はまだ田舎っぽさが残っていたがずいぶん近代的になっている。新横浜から東京に近付くと東京らしい景色が増えてくる。車窓からの風景は飽きません。

久しぶりの東京は新緑がまぶしくまた空気も澄んでとても気持ちいい。
image t005b.JPG

夕方の飛行機で帰りました

posted by KH at 22:55| 鉄道・乗り物

2014年02月13日

屋久島の森林鉄道

屋久島に森林鉄道が走っているというとびっくりするかも知れません。
屋久島の荒川登山口から安房森林鉄道の線路を小杉谷まで往復してみました。ここは縄文杉への登山ルートにもなっています。

yakusima 008.jpg
荒川林道入口
荒川登山口に小さな車両基地があり、途中で線路が分岐する。左に曲がると鉄橋へ。
yakusima 007.jpg

鉄橋をわたり、いよいよ森林の中へ。わくわくする。線路に沿って進むとすぐトンネルがあった。トンネルを抜けると森林鉄道の名のとおり森の中をえんえんと鉄路が続く。
yakusima 001.jpg yakusima 002.jpg
yakusima 005.jpg

しばらく歩くと景色が開ける。山側は花崗岩の一枚岩で、反対側は荒川が流れています。
yakusima 003.jpg

約50分で小杉谷に到着。ここを過ぎると縄文杉へ向かうことができる。作業員の方たちを除けばオフシーズンのためかここまで一人しか出会わなかった。小杉谷は集落跡で、屋久島営林署の職員住宅や小学校中学校があり、多くの家族の暮らしがあった。トロッコに乗って下の安房まで買い物に出かけたといいます。そんな昔の暮らしに思いをはせながら再び線路を引き返しました。屋久島の森林鉄道は現在も作業用の車両が運行されています。

yakusima 004.jpg
学校正門跡
posted by KH at 21:51| Comment(0) | 鉄道・乗り物

2012年08月27日

2012 肥薩おれんじ鉄道

肥薩おれんじ鉄道は東シナ海の美しい海岸線に沿って走る第三セクターの鉄道です。薩摩川内市と八代市の間を結んでいます。他の第三セクターと同様経営的には苦しいのですが、あの手この手で乗客を呼び込んでいます。
8月22日に出水市に出張する機会があったので、肥薩おれんじ鉄道を利用してみました。購入した切符は「JR・おれんじぐるりんきっぷ」。往復の片道をおれんじ鉄道、片道を新幹線で周遊できるきっぷです。鹿児島中央−出水間の往復料金が4000円。お得。鹿児島中央駅から九州新幹線つばめに乗車しました。つばめに乗るのは久しぶりです。

IMG_2726s.jpg
鹿児島中央駅/九州新幹線つばめ
鹿児島中央駅から約10分で薩摩川内駅に到着。すぐに新幹線ホームから在来線ホームに移動し、おれんじ鉄道のりばまで向かいます。乗換時間約13分と短い。

IMG_2731s.jpg

IMG_2736s.jpg
肥薩おれんじ鉄道のりば/1両編成の八代行き普通列車が待機中。
乗客は私を含め10名くらい。出発してから鹿児島中央駅で買っておいたお昼用の駅弁を広げました。隣のシートが女子学生の組だったので少し恥ずかしい。しばらく走ると東シナ海の美しい景色が車窓に広がります。写真はJR九州の駅弁ランキングでも常に上位の人気駅弁です。

IMG_2743s.jpg
出水・松栄軒のえびめし
IMG_2760s.jpg
東シナ海/遠くに甑島が見える

川内駅から阿久根、野田郷駅などを経て約1時間で出水駅に到着しました。鹿児島中央駅から乗換時間を入れても1時間半で出水に着きますから、不便さは余り感じません。午後からじっくり時間をかけて指導できました。帰りは出水駅から九州新幹線であっという間に鹿児島中央駅まで戻りました。

posted by KH at 18:46| Comment(0) | 鉄道・乗り物

2012年08月11日

肥薩線一周ぐるりんきっぷの旅

JR九州はさまざまな観光きっぷを販売しています。出発駅から南九州をぐるっと一周できるのが肥薩線一周ぐるりんきっぷ。肥薩線はもともと熊本県側から鹿児島県側へ向かう鹿児島本線の一部であり、当時の駅舎、橋梁、山越えのトンネルなど多くの鉄道遺産が残ることで知られます。大畑駅のループ線と2つのスイッチバック、日本三大車窓など見どころが多く観光資源としても優れています。現在観光列車「はやとの風」と「いさぶろう・しんぺい」号が走っています。
IMG_2525s.jpg
鹿児島中央駅−停車中の「はやとの風」
鹿児島中央駅から黒い車体の観光列車「はやとの風」に乗車。隼人駅でかれい川弁当を受け取りました。開業当時の駅舎の残る嘉例川駅や大隅横川駅に停車します。

IMG_2607s.jpg
「はやとの風」は吉松駅で「しんぺい」号に乗り換えます。吉松駅から次第に山線に入ります。

IMG_2619s.jpg
真幸駅−「幸せの鐘」

IMG_2624s.jpg

IMG_2628s.jpg
大畑(おこば)駅
矢岳の山越えのあと半径300mのループ線とスイッチバックにより大畑駅に到着。両方残るのは現役で全国唯一。大畑駅はスイッチバックのためにできた駅で周りに人家はありません。駅舎にたくさんの名刺が貼ってある。

IMG_2642s.jpg
人吉駅−SL「人吉」号
しばらくゆるやかに下って人吉駅に到着。ここでSL「人吉」号に乗り換える。球磨川に沿って八代に向う。

IMG_2679s.jpg IMG_2709s.jpg
球磨川−第二橋梁
球磨川にかかる橋梁を渡る。これも明治時代の鉄道遺産。対岸や川でラフティング中の親子がSLに向けて手をふってくれます。

IMG_2703s.jpg
坂本駅
坂本駅で停車。八代を過ぎ新八代駅で下車。SL「人吉」号は熊本駅に向けて出発。新八代駅から九州新幹線に乗り換えて鹿児島中央駅まで戻ります。

posted by KH at 12:27| Comment(0) | 鉄道・乗り物

2012年05月17日

ANA機内誌「翼の王国」

ANAの機内誌「翼の王国」は旅の写真やエピソードが満載で、東京出張の際は機内で読むのを毎回楽しみにしています。

なかでも面白いのは、吉田修一さんの「空の冒険」と、「おべんとうの時間」。「空の冒険」は吉田さんの旅の珍道中のエピソードもそうですが文章が生き生きしていて面白い。こんな文章を明細書に使ってみたら面白いなと思う(昔、犬伏さんといって、格調高い古文調の明細書を書く人がいた。)「おべんとうの時間」はいろんな職場(営林署だったり、ホテルマンだったり・・・)で働く人たちの手作り弁当をその人物と一緒にエピソードを交えながら写真で紹介するエッセーで、読んでいてほほえましくなる。

写真はときどき職場に持参する2段重ねの私のお弁当。中学生の子供が毎日お弁当を学校に持参するので、ついでに私の分もときどき作ってもらってます。美味しそうに見えるでしょうか。

posted by KH at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・乗り物

2012年01月30日

2012 B747 in 羽田空港

東京出張の帰り、羽田空港の駐機場で鹿児島行きB737の隣りにANAB747が駐機していました。B737に乗り込み後、座席窓から近くからB747の機体をみると実に巨大です。

主翼下の巨大なエンジン(燃費悪そう)といい、機体を支えるタイヤの数の多さといい、2階席もある機体の高さといい、実にでかい!B747に最後に乗ったのは10年前。JAL国際線で欧州に出かけたとき。席は確か2階でした。JALのB747は既に退役し国内線で残るはANAのB747−400Dのみ。機会があればもう一度B747に乗ってみたいですね。

posted by KH at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・乗り物

2011年05月31日

2011 スカイマークエアライン

羽田空港からの帰りはスカイマークエアラインを利用しました。土産に「mocitto」を購入。先月利用したANAは空席がかなり目立っていましたが、今回のスカイマーク機はほぼ満席。料金が安いのも理由でしょうが景気が回復しつつあることを実感します。

  

本日は特許出願のご相談を受けた会社に寄ってから事務所に出勤する予定。

posted by KH at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道・乗り物