2015年08月25日

2015 台風15号の影響

鹿児島県が台風銀座と言われなくなって久しい。

ここ数年は鹿児島県本土を直撃する台風の記憶がありませんが、昨日の台風15号は久しぶりに台風らしい緊張感をもって夜を迎えました。夜中の1時半頃からビュービューとベランダのガラスに打ち付ける風雨の音と風圧でなかなか眠りに付けません。石垣島の70m/秒には及ばないが鹿児島市の最大風速は45m/秒と強いものでした。進行速度が速かったためか鹿児島市内の被害はそれほどでもなかったと思いますが、それでも翌朝は近所の樹木が倒れたり、マンションの自転車がなぎ倒されたり、駐車場にいろんなものが散乱したり、台風の爪跡があちこち残ってました。事務所から仕事でお客さんの会社に電話したら不通だったのには驚いた。早く復旧してほしいものです。

もっとも今回の台風より凄かったのは10年前の台風。ゴーゴーという音とともにマンションが揺れ、ベランダのガラス戸は強風で大きくたわみ、サッシの隙間から雨は室内に吹き込むわ、ベランダの非常用梯子が宙吊り状態になってガラガラと強風で揺れるわ、階下の部屋を破損させるんじゃないかと夜中気が気でなかったです。鹿児島にUターンで帰った直後だったので本当にビックリでした。

これから台風シーズンが続くので気を緩めてはいけませんね。

追記:薩摩半島のすぐ西側を台風15号が北上したことで枕崎市から出水市にかけて半島西側の被害が大きかったようです。
posted by KH at 21:40| 自然・火山

2014年10月15日

2014 観月会

10月は18号、19号と台風の襲来が相次ぐ。
台風19号が鹿児島市を通過する際に日が差してぽっかりと青空が広がりました。台風のに入った後の吹き返しは特にありませんでした。
image141020-1.jpeg image141020-2.jpeg
翌日は鹿児島市内の高台にあるラピュタボタン(吉野町)で観月会。ここはロケーションがすばらしく、錦江湾を一望できるテラスから桜島フェリーの灯りが遠くに見えます。肝心の月はテラスから鑑賞できず(月の方角の関係でしょうか)。
posted by KH at 09:41| Comment(0) | 自然・火山

2014年04月13日

2014 南大隅町・佐多岬へ

南大隅町へ出張したついでに佐多岬まで行ってみました。垂水フェリーを利用して車で3時間。同じ県本土にあるとはいえ大隅半島の最南端は遠いです。

午前中に佐多に着いたので佐多岬に足を延ばしました。昨年訪れた時は駐車場から先の歩道トンネルは立入禁止でしたが、今回は通行可能。突端の展望台跡地まで歩いてみました。

岬の突端は風がつよい。
IMG_4992b.JPG 

展望台跡地に到着。現在は広い展望所になっています。展望台の撤去で生じる廃材はどうやって運んだんだろうと思ったら運搬用のロープウェイを架設したそうだ。こんな狭くて左右は崖のところにロープウェイを架設したなんてすごい。
IMG_5009b.JPG 

旧佐多町役場内にある商工会にて指導。本日のお仕事。
IMG_5015kai.jpg

◎佐多岬は再開発の予定。どのように生まれ変わるか楽しみです。

posted by KH at 18:01| Comment(0) | 自然・火山

2014年01月12日

桜島大正噴火100周年

今日は大正3年に桜島大噴火して100周年の記念日。

今朝のNHKの全国版で桜島大噴火の特集が放映されていました。テレビでは当時の大噴火が再び起きた場合の被害の影響をシミュレーション。東の風(主に夏)だと鹿児島市内に50〜100cmの降灰が予想。南西の風(主に冬)だと県内の限らず遠く関西・中部・関東まで灰を降らせる。影響は高速道路・新幹線・飛行機まで幅広く及ぶ。浄水場まで影響があるとのことであった。桜島の大噴火は鹿児島だけでなく日本経済全体に大きな影響を及ぼすであろうことが容易に想像できます。

 ◎桜島は鹿児島の魅力に欠かせない存在ですが、内在する脅威は大変なものです。

posted by KH at 20:36| Comment(0) | 自然・火山

2013年08月25日

避暑〜霧島・えびの高原

今年の夏は暑い。四国・四万十市にはおよばないものの、鹿児島市でもこの夏の最高気温が37度を超えました(観測史上初!)。南国とはいえ、高温の条件がそろう土地でもない鹿児島市でこの気温はやはり異常と言えるでしょう。

避暑を兼ねて霧島のえびの高原を訪れました。日が暮れると気温が下がり涼しい。来てよかった。宿(えびの高原荘)の露天風呂が気持ちいいい。

ebino-006.JPG 
翌朝、えびの高原にある池めぐりへ。霧島山地の火口跡にできた3つの池をめぐるコースは霧島ジオパーク(えびの高原はその拠点になっている)のモデルコースとなっている。気持ちいい汗をかくことができました。

上から順に白紫池、六観音御池、不動池 
ebino-007b.JPG
 
ebino-008.JPG
 
ebino-009.JPG


posted by KH at 18:11| Comment(0) | 自然・火山

2012年05月22日

2012 桜島のドカ灰

昨日の鹿児島市内のドカ灰はすごかったです。事務所から自宅に戻る途中の道路は火山灰がもうもうと巻き上がり、まるで砂漠の中にある市街地を走っている感じ。それもそうはず、18年ぶりの降灰量だそうです。鹿児島にUターンして以来これほどの降灰に見舞われた記憶はありません。しばらくは天気が続きそうですが、早く雨が降って降灰をきれいに流してくれることを期待するのみです。

本日は午前中は事務所で仕事、午後から城山観光ホテルで鹿児島県工業倶楽部通常総会。灰に負けずにがんばります。

 
posted by KH at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・火山

2012年03月14日

3.11東日本大震災

3.11の東日本大震災当日から1年が経ちました。その日は九州新幹線全線開業の前日で、その時刻は博多駅に向かうリレーつばめに乗車していました。前の席の乗客の携帯のワンセグ放送から聞こえる音声で東北で大きな地震があったらしいことを知りました。博多駅に着くと構内は多くの人でごったがえしており、山陽新幹線がストップしていました。会議の最中に一人が携帯でワンセグ放送をつけたところ、お台場のビルの火災や千葉のコンビナートタンクが炎上している映像が見えてこれはただ事ではない地震だと感じました。夜はテレビのニュースに釘付けになったことはいうまでもありません。

先日の大震災関連報道をテレビで視聴すると、実に多くの人が津波の様子など映像に残していることが分かりました。鹿児島で起きた8.6水害のときもそうでしたが、映像のもつすごさを改めて認識しました。当時の映像を見ると、当日の自分の記憶が鮮やかによみがえります。大震災で亡くなられた方の冥福を祈るとともに、東北が早く復興することを願ってやみません。

posted by KH at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・火山

2011年07月20日

2011 台風6号が通過する

台風6号は九州南部から離れ、今朝の鹿児島市内は晴れ間が見えます。台風6号の余波で強風がときどき吹いています。

さて、本日の予定は @意匠登録の申請(OL) A特許出願の内容検討 B鹿児島高専での授業 Cその他 となっています。

posted by KH at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・火山

2009年12月20日

2009 冠雪の桜島

sakurajima2-002.JPG

12月18日の桜島です。初冠雪時よりも山頂にずいぶんと雪が積もりました。

南国鹿児島らしくない風景ですね。

posted by KH at 00:00| 自然・火山

2009年07月25日

2009 部分日食ショー

7月22日の皆既日食、曇空でしたが鹿児島市内でも部分日食を観測できました。子供たちも日食グラス越しに太陽を観測する。

nisshoku-001a.jpg

太陽がかなり欠けてきた。90%は欠けている?

nisshoku-005.JPG

周りが暗くなって駐車場の照明が自動点灯する

nisshoku-003.JPG

午前中は厚い雨雲が垂れ込めて部分日食の観測は無理だろうと思ったが、太陽が欠けはじめる時間帯になるとみるみるうちに太陽の周りの雲がどいてくれた。奇跡が起きたかのよう。おかげで部分日食の変化を観察することができました。

posted by KH at 16:57| 自然・火山