2007年11月15日

発明とは

発明は技術的なアイデア・ひらめきのことです。ただし、特許法上で発明とは「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と定義されています(特許法第2条1項)。 自然法則を利用していないもの(人為的取決め:野球のルールなど)や自然法則に反するもの(永久機関など)は発明に該当しません。自然法則の利用例としては「遠心力を利用した洗濯機の脱水カゴ」があります。技術とは「一定の目的を達成するための具体的な手段」をいいます。技術的思想といえないもの、たとえば「単なる願望」に止まるもの、具体性に欠けるものは発明に該当しません。発明は「アイデアである」といってもその限度で「具体性」が必要です。

発明には3つのカテゴリー(物の発明、方法の発明、製造方法の発明)があり、発明として完成したものは、特許要件(新規性・進歩性など)を備えることにより特許を受けることができます。

考案は技術的なアイデア・ひらめきである点で発明と同じですが、保護対象が「物品の形状、構造又は組み合わせに係る考案」と限定されています(実用新案法第1条)。したがって、方法や製造方法は実用新案登録の対象にはなりません。

2007年10月10日

デザインの保護の重要性

MBC本社でMBCラジオ「かごしまライフ相談所」の収録がありました。今回は「デザインの保護」についてお話させて頂きました。 デザインは商品の売れ行きを左右する重要な要素です。売れるデザイン、使いやすいデザイン(ユニバーサルデザイン)など。商品の品質に差がなくなりつつある現在、デザインの役割はますます重要になっています。デザインが保護されないとどうなるでしょう。

ヒット商品にそっくりなデザインの類似品が市場に出回ると消費者は類似品を正規品と誤って購入するかも知れませんし、品質が保証されないため消費者は不利益を被るかも知れません。商品に不満を持った消費者からクレームが正規品のメーカーに寄せられるかもしれません。デザインを保護できれば、類似品を排除し、消費者を保護することができます。これは商品にデザインを取り入れたメーカーだけでなく、デザインを考案したデザイナーも保護することを意味します。

産業財産権の一つにデザインを保護できる権利(=意匠登録)があることをまずは知って欲しいと思います。

2007年10月04日

2007 パテントコンテスト

平成17年度の全国パテントコンテストに入選した加治木工業高校生の2作品が特許になりました。この2作品は特許を取得するまで指導弁理士として私がお手伝いしたものです。

パテントコンテストは文部科学省・特許庁主催の発明コンテストで、入選作品には特許を取得するまで弁理士の指導を受けられるという特典(特許印紙代も主催者持ち)があります。加治木工業高等学校からは3作品が入選しました。驚くべき数字です。2作品の特許出願と拒絶理由対応(補正書と意見書)についてお手伝いしました。高校生が特許を取得したという南日本新聞の記事をご覧になった方も多いと思います。

特許3895761号(発明の名称「弁当箱」)

特許3902784号(発明の名称「複数回蓋ができる飲料用紙パック」)

せっかくとった特許なので実施化を希望する企業が現れてくれたらうれしいです。