2018年03月17日

長島町へ

長島町商工会から商標相談のお話があり、長島町に行ってきました。

長島町は薩摩半島の北西部にある比較的大きな島で黒の瀬戸大橋を渡って車で向かうことができます。長島は気候温暖な島で、かんきつ類の栽培やバレイショの生産、ブリの養殖が盛んです。

DSC06277s.JPG
赤土のバレイショ畑/長島

島内を走ると道の両側に緑色の葉のツワブキが植栽され、秋には黄色い花をいっせいに咲かせるそうです。事業所での商標相談が終わり、見晴らしの良い展望所があるというので、行ってみました。針尾展望公園という場所です。車で着いてみると、確かに展望がすばらしい。眼下に島々や養殖いかだの様子を見ることができます。ここの公園で面白いのは展望側がガラス張りになっている展望トイレ。日本でもここだけかも知れません。

DSC06283s.JPG
針生公園からの展望/実際は右にもパノラマが広がる

長島をぐるっと一周して途中の道の駅長島でお昼にブリ丼を食べて戻りました。長島は天気のいい日のドライブに最適な場所ですね。

R0010306s.JPG
道の駅長島


posted by KH at 00:00| 出張(鹿児島/離島)

2017年04月29日

2017 新茶の頴娃町へ

4月27日、南九州市頴娃町に商標の指導で出張してきました。頴娃町へは南薩縦貫道を利用。錫山バイパスから知覧の霜出まで高規格道路を一気に移動できる。後は新芽の茶畑の中を気持ちよく走るだけ。錫山バイパスから鹿児島市街地へのアクセスがよければなおよいのですが。

生育中のメロン。もうすぐ食べごろの大きさに育つはず。
image 007b.JPG

茶畑は新芽の季節。新芽の緑が目にとても優しいです。

image 008b.JPG

お昼に寄った川辺町のらーめん香月。繁盛しているからか注文が券売機に代わってました。こってり黒を注文。焼きのりにKAGETSUの白文字が面白い。

image 009b.JPG

posted by KH at 18:01| 出張(鹿児島/離島)

2017年03月12日

2017 沖永良部島へ

3月に沖永良部島に出張してきました。
沖永良部島は周囲55km、隆起珊瑚の小さな島で、じゃがいも畑やサトウキビ畑が平らな島に広がっています。えらぶゆりや彼岸用の菊の栽培も盛んで知名町には葉たばこの栽培畑も残っています。

バスの本数が少なくホテルの方に迎えに来てもらいました(感謝)。ホテルの客室(シングル)は窓側に畳も敷かれていてごろごろできます。ネット環境もよく快適な部屋でした。
IMG_3859b.JPG
ホテル(シーワールド)の客室からの眺め

居酒屋「草」にて。奥は一番人気のアオサの天ぷら
IMG_3885b.JPG
右端は珍味だというホーミ(いそあわもち)の酢味噌

ゆうゆう市
IMG_3888b.JPG
お昼は左のお店で唐揚げ定食。とてもボリュームがあり全部は食べきれず。

田皆岬
IMG_3893b.JPG
沖永良部島はあまり観光地化されておらず、訪れたい島ランキングで上位に挙がったそうです。この日もどこからの観光客なのか大型バスが田皆岬に停まっていました。

田皆岬は思わず吸い込まれそうな荒々しい場所です。
IMG_3890b.JPG

IMG_3896b.JPG
越山公園からの眺め(空港方面)

越山公園は標高180m、沖永良部島で2番目に高い場所です。正面に和泊町、左右に東シナ海と太平洋を一望できます。島内には立ち枯れした松林が目立ち、松くい虫の被害が広がっているようでした。

posted by KH at 16:51| 出張(鹿児島/離島)

2016年11月29日

2016 奄美・瀬戸内町へ

DSC02425s.jpg

11月中旬、JACで奄美大島に出張しました。奄美市と南端にある瀬戸内町の2か所です。

移動は島内を走るしまバス。午後からの奄美大島商工会議所での相談会を終え、古仁屋に着いたときはすっかり日が暮れて、さながら「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のような出張になりました。いまから9年前、2007年にやはり相談会で古仁屋をバスで訪れた時(「知財セミナー相談会in瀬戸内町」)は険しい山道を通って古仁屋までようやくたどり着いた感じでしたが、現在は当時よりも道路事情がずいぶんと良くなっています。

翌日は瀬戸内町古仁屋の商工会にて知的財産相談会。古仁屋は奄美市の名瀬に次いで奄美大島第2の町で険しい峠を越えた入江にこんなにぎやかな町があるのが実に不思議です。旧日本海軍の連合艦隊の停泊地であったという歴史があり、瀬戸内町内には多くの戦跡が残っている。目の前には加計呂麻島があり、海上タクシーですぐ渡れる。時間があれば加計呂麻島に渡ってのんびりしたいと感じさせる場所ですね。

DSC02457s.jpg
山に囲まれた入り江にある古仁屋の町並み

DSC02461s.jpg
加計呂麻島に渡る海上タクシー

地域団体商標を取得した「かけろまきび酢」は瀬戸内町の名産で、サトウキビを原料とする全国唯一の酢。この地にしか生息しないという酵母菌によって醸造されている。古くから地元だけで製造された特産品で意外にも昔から全国に流通している。そんな背景があるゆえに地域団体商標を取得できたと言えます。貴重な名産としてもっとPRしていいと思います。

古仁屋から出発するバスの時刻が空港の出発時間に間に合わない心配がでてきたため、瀬戸内町商工会の経営指導員さんに急遽車で奄美市まで送って頂きました。離島でのバスの移動は不便で島の事情を考慮に入れてほしいところ。その後しまバスで空港へ移動し、無事にJACに搭乗。

今回の出張ではしまバスに揺られながら自然豊かなここ奄美大島をどう観光につなげられるのだろうと考えてしまいました。知財に関する相談は鹿児島県知財総合支援窓口まで。お気軽にご相談ください。

DSC02477s.jpg
JACから見える桜島
posted by KH at 22:13| 出張(鹿児島/離島)

2016年10月12日

2016 南大隅町・佐多へ

sata 03s.JPG

9月の下旬、大隅半島にある本土最南端の町、南大隅町の佐多(旧佐多町)へ出張してきました。

目的は商標の相談。垂水フェリーで垂水港にわたり、そこから車で佐多街道をずっと南下すると、約2時間(鹿児島市からは約3時間)で旧佐多町に着きます。

2時間相談をお受けし、同じ佐多街道を北上して戻りました。途中の道の駅に2か所立ち寄り、南大隅町や鹿屋市の特産品をリサーチアンド購入して帰りました。

posted by KH at 22:14| 出張(鹿児島/離島)