2012年10月17日

パテントコンテスト2012

パテントコンテストは、高校生や高等専門学校生、大学生等の優秀な発明やデザインを全国から広く募集し、優秀作品を表彰するもので、入賞作品には特許出願や意匠登録出願の機会が与えられ、権利取得まで弁理士による指導が受けられます。

現在、ある高校生による特許出願とその権利化を指導しています(※)。今年の3月に特許出願をし、拒絶理由通知がきたものの、無事に特許査定が下りたと学校から連絡がありました。非常にシンプルな発明でしたし、引用文献もけっこうありましたので、特許査定の連絡が学校からきたときは私もほっとしました。肩の荷が降りた感じです。

後は発明を事業化してくれるところを期待しています。

(※)過去、隼人工業高校、加治木工業高校を指導させて頂きました。南日本新聞紙上でも高校生が特許を取得したと記事が掲載されました。

posted by KH at 11:46| Comment(0) | 特許・実用・意匠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: