2012年08月11日

肥薩線一周ぐるりんきっぷの旅

JR九州はさまざまな観光きっぷを販売しています。出発駅から南九州をぐるっと一周できるのが肥薩線一周ぐるりんきっぷ。肥薩線はもともと熊本県側から鹿児島県側へ向かう鹿児島本線の一部であり、当時の駅舎、橋梁、山越えのトンネルなど多くの鉄道遺産が残ることで知られます。大畑駅のループ線と2つのスイッチバック、日本三大車窓など見どころが多く観光資源としても優れています。現在観光列車「はやとの風」と「いさぶろう・しんぺい」号が走っています。
IMG_2525s.jpg
鹿児島中央駅−停車中の「はやとの風」
鹿児島中央駅から黒い車体の観光列車「はやとの風」に乗車。隼人駅でかれい川弁当を受け取りました。開業当時の駅舎の残る嘉例川駅や大隅横川駅に停車します。

IMG_2607s.jpg
「はやとの風」は吉松駅で「しんぺい」号に乗り換えます。吉松駅から次第に山線に入ります。

IMG_2619s.jpg
真幸駅−「幸せの鐘」

IMG_2624s.jpg

IMG_2628s.jpg
大畑(おこば)駅
矢岳の山越えのあと半径300mのループ線とスイッチバックにより大畑駅に到着。両方残るのは現役で全国唯一。大畑駅はスイッチバックのためにできた駅で周りに人家はありません。駅舎にたくさんの名刺が貼ってある。

IMG_2642s.jpg
人吉駅−SL「人吉」号
しばらくゆるやかに下って人吉駅に到着。ここでSL「人吉」号に乗り換える。球磨川に沿って八代に向う。

IMG_2679s.jpg IMG_2709s.jpg
球磨川−第二橋梁
球磨川にかかる橋梁を渡る。これも明治時代の鉄道遺産。対岸や川でラフティング中の親子がSLに向けて手をふってくれます。

IMG_2703s.jpg
坂本駅
坂本駅で停車。八代を過ぎ新八代駅で下車。SL「人吉」号は熊本駅に向けて出発。新八代駅から九州新幹線に乗り換えて鹿児島中央駅まで戻ります。

posted by KH at 12:27| Comment(0) | 鉄道・乗り物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: