2012年03月14日

3.11と映像

3.11の東日本大震災当日から1年が経ちました。その日は九州新幹線全線開業の前日で、その時刻は博多駅に向かうリレーつばめに乗車していました。前の席の乗客の携帯のワンセグ放送から聞こえる音声で東北で大きな地震があったらしいことを知りました。博多駅に着くと構内は多くの人でごったがえしており、山陽新幹線がストップしていました。会議の最中に一人が携帯でワンセグ放送をつけたところ、お台場のビルの火災や千葉のコンビナートタンクが炎上している映像が見えてこれはただ事ではない地震だと感じました。夜はテレビのニュースに釘付けになったことはいうまでもありません。

先日の大震災関連報道をテレビで視聴すると、実に多くの人が津波の様子など映像に残していることが分かりました。鹿児島で起きた8.6水害のときもそうでしたが、映像のもつすごさを改めて認識しました。当時の映像を見ると、当日の自分の記憶が鮮やかによみがえります。大震災で亡くなられた方の冥福を祈るとともに、東北が早く復興することを願ってやみません。

posted by KH at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・火山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57417278

この記事へのトラックバック