2009年04月11日

2009春〜桜島のドカ灰

9日、いちき串木野市からの仕事の帰り、武岡トンネルを抜けて鹿児島市街地に入ると、正面の桜島方面が空一杯真っ暗になりました。これは桜島の降灰にちがいないと直感。しばらくすると、鹿児島市街地が闇に包まれ、車はライトを点灯し、あたりに硫黄の匂いが立ち込めました。

鹿児島市の市街地がドカ灰に見舞われるのは、10年振りらしい。これほどの量の降灰は鹿児島に4年前Uターンして初めてです。翌日は、自宅マンションのベランダと言わず、マンション駐車場、車が悲惨なことに。まるで砂漠です。土曜日の朝、ガソリンスタンドで洗車し、午後からは自宅ベランダの灰掃除をしました。近隣の道路ではロードスイーパーがフル回転。これからだんだんと暑くなってくるのに少し憂鬱です。

posted by KH at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・火山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57417138

この記事へのトラックバック