2010年02月10日

島根・出雲大社へ

izumo-002.JPG
出雲大社は縁結びの神様、大国主命を祀ります。日本神話によると、国つ神の大国主命が天つ神(天孫)に国譲りをする代償として天孫と同じくらい立派な住居を求め、これを天照大神が承諾し、造営して大国主命をそこへ移したとされています。

出雲大社駅前の参道

izumo-001.JPG

立派な松並木を抜けるとようやく拝殿が見えてきます。大国主命と因幡の白兎が出迎えてくれる。
izumo-003.JPG izumo-005.JPG

出雲大社の参拝作法は「二礼四拍手一礼」。拝殿に大きな注連縄が飾られる。
izumo-007.JPG

出雲大社の宮司を代々務める出雲国造家の存在は面白い。南北朝時代に二家に分裂し千家国造家と北島国造家を名乗る。幕末まで交互に祭祀を分担してきたが現在は千家国造家が出雲大社の祭祀を務めるようになった。
izumo-016b.JPG

周囲は社家町らしく独特の雰囲気が残ります。
izumo-017.JPG
posted by KH at 21:41| 歴史・文化