2016年11月29日

奄美・瀬戸内町へ

DSC02425s.jpg

11月中旬、JACで奄美大島に出張しました。奄美市と南端にある瀬戸内町の2か所です。

移動は島内を走るしまバス。午後からの奄美大島商工会議所での相談会を終え、古仁屋に着いたときはすっかり日が暮れて、さながら「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のような出張になりました。いまから9年前、2007年にやはり相談会で古仁屋をバスで訪れた時(「知財セミナー相談会in瀬戸内町」)は険しい山道を通って古仁屋までようやくたどり着いた感じでしたが、現在は当時よりも道路事情がずいぶんと良くなっています。

翌日は瀬戸内町古仁屋の商工会にて知的財産相談会。古仁屋は奄美市の名瀬に次いで奄美大島第2の町で険しい峠を越えた入江にこんなにぎやかな町があるのが実に不思議です。旧日本海軍の連合艦隊の停泊地であったという歴史があり、瀬戸内町内には多くの戦跡が残っている。目の前には加計呂麻島があり、海上タクシーですぐ渡れる。時間があれば加計呂麻島に渡ってのんびりしたいと感じさせる場所ですね。

DSC02457s.jpg
山に囲まれた入り江にある古仁屋の町並み

DSC02461s.jpg
加計呂麻島に渡る海上タクシー

地域団体商標を取得した「かけろまきび酢」は瀬戸内町の名産で、サトウキビを原料とする全国唯一の酢。この地にしか生息しないという酵母菌によって醸造されている。古くから地元だけで製造された特産品で意外にも昔から全国に流通している。そんな背景があるゆえに地域団体商標を取得できたと言えます。貴重な名産としてもっとPRしていいと思います。

古仁屋から出発するバスの時刻が空港の出発時間に間に合わない心配がでてきたため、瀬戸内町商工会の経営指導員さんに急遽車で奄美市まで送って頂きました。離島でのバスの移動は不便で島の事情を考慮に入れてほしいところ。その後しまバスで空港へ移動し、無事にJACに搭乗。

今回の出張ではしまバスに揺られながら自然豊かなここ奄美大島をどう観光につなげられるのだろうと考えてしまいました。知財に関する相談は鹿児島県知財総合支援窓口まで。お気軽にご相談ください。

DSC02477s.jpg
JACから見える桜島
posted by KH at 22:13| 県内出張