2016年03月31日

2016 連携・中小企業診断士協会

3月29日に日本弁理士会九州支部九州各県の中小企業診断士協会の連携協力に関する覚書の締結式が九州経済産業局の交流プラザであり、出席してきました。

覚書は平成26年に日本弁理士会と(社)中小企業診断協会との間で締結された「知的財産を活用した企業経営による産業振興のための協力に関する協定」に基づくものです。鹿児島県の診断士協会さんからも出席されていました。

連携協力の具体的なイメージは、知財案件で弁理士が関わった企業に事業経営上の課題(売上・融資等)があれば中小企業診断士さんにつないで協力をお願する。中小企業診断士さんが関わった企業に事業経営上の知財案件があれば弁理士がお手伝いする。そんな感じでしょうか。

意見交換会&セミナー、懇親会では各県の中小企業診断士さんと色々有意義なお話をさせて頂きました。

posted by KH at 10:20| 県外出張