2016年03月28日

2016 鹿児島県と知財支援協定

3月28日に日本弁理士会鹿児島県との間で知財支援協定が結ばれ、鹿児島県庁で調印式がありました。

協定の正式名称は「知的財産の活用による地域の活性化と産業の振興のための協力に関する協定」。日本弁理士会は積極的に知的財産支援事業に取り組んでいる自治体と支援協定を締結し、各自治体の知的財産制度等の普及、活用等の支援を行っています。

調印式当日は、当会の伊丹会長が来鹿し、鹿児島県庁の知事応接室で、地元国会議員の保岡先生が見守る中、伊藤知事と伊丹会長が協定書に署名しました(都道府県との締結は20番目です)。私も鹿児島県の窓口責任者として調印式に出席させてもらいました。

今後、知財セミナーや人材育成など、知財支援協定に基づく支援活動のお手伝いをさせて頂きます。

posted by KH at 20:32| 知財イベント