2015年07月26日

ウエブ面接とは

7月24日(金)午後から福岡市の九州経産局の入る建物で行われたウェブ面接セミナーと特許室の意見交換会に参加しました。

セミナーで説明のあったウェブ面接とは特許庁審査官との面接をウェブ上でも行えるというもので、通信速度とか通信容量とかネット環境が近年格段によくなったので、ウェブ面接を申し込むことにより、カメラとマイクを装着して双方向通信で審査官と面接が行えるようになりました。実際のデモを拝見すると、やり取りが意外とスムーズにできるなという印象を持ちました。九州みたいな遠隔地だと特許庁とウェブ上で面接ができれば非常に便利ですね。ただし、互いにスムーズに意志疎通が図れるよう進行面などコツがあるようでした。それと審査官が地元まで出張していただける出張面接も是非活用したいなと思いました。ちなみに福井県では出張面接の実績がけっこうあるようです。

意見交換会後の九州支部10周年記念イベントの反省会では、帰りの新幹線の時間まで十分余裕がある積りでしたが、お店から新幹線の改札までの距離がとても遠く感じ、非常に焦りました。改札には10分前に着きましたが、もう少し余裕を持ちたいですね。
posted by KH at 21:58| Comment(0) | 知財の実務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: