2017年03月31日

災害支援協定調印式

3月28日、鹿児島県庁で災害支援協定に関する調印式があり、私も出席してきました。協定の正しい名称は「災害発生時における相談業務の支援に関する協定」です。

協定では、災害発生時に県や市町村の要請によって協議会の各団体が被災地に窓口を設け、協力して相談にあたる内容になっています。協議会の他の団体に比べると、弁理士会の活動はどちらかというと復興支援にあたり、弁理士会では復興に貢献する発明や知財に対し、特許出願等の出願費用助成制度を設けています。直接支援として期限がくるもの(審査請求や登録料納付など)の相談にあたることもできます。

調印式では、協議会の鎌田会長(鹿児島県行政書士会)の挨拶のあと、三反園知事からお礼の挨拶があり、会長挨拶では、ご自身の熊本地震の支援体験を踏まえた協定締結の重要性に言及され、わが弁理士会の復興支援にも触れていただきました。三反園知事からは協定を結ぶことは県民にとって心強く、連携を密にして県民の期待に応えたいとの言葉がありました。

災害が発生しないに越したことはありませんが、災害に備えた支援体制を作っておくことは重要だと思います。

posted by KH at 13:26| 知財セミナー・イベント

2017年03月12日

沖永良部島へ

3月に沖永良部島に出張してきました。
沖永良部島は周囲55km、隆起珊瑚の小さな島で、じゃがいも畑やサトウキビ畑が平らな島に広がっています。えらぶゆりや彼岸用の菊の栽培も盛んで知名町には葉たばこの栽培畑も残っています。

バスの本数が少なくホテルの方に迎えに来てもらいました(感謝)。ホテルの客室(シングル)は窓側に畳も敷かれていてごろごろできます。ネット環境もよく快適な部屋でした。
IMG_3859b.JPG
ホテル(シーワールド)の客室からの眺め

居酒屋「草」にて。奥は一番人気のアオサの天ぷら
IMG_3885b.JPG
右端は珍味だというホーミ(いそあわもち)の酢味噌

ゆうゆう市
IMG_3888b.JPG
お昼は左のお店で唐揚げ定食。とてもボリュームがあり全部は食べきれず。

田皆岬
IMG_3893b.JPG
沖永良部島はあまり観光地化されておらず、訪れたい島ランキングで上位に挙がったそうです。この日もどこからの観光客なのか大型バスが田皆岬に停まっていました。

田皆岬は思わず吸い込まれそうな荒々しい場所です。
IMG_3890b.JPG

IMG_3896b.JPG
越山公園からの眺め(空港方面)

越山公園は標高180m、沖永良部島で2番目に高い場所です。正面に和泊町、左右に東シナ海と太平洋を一望できます。島内には立ち枯れした松林が目立ち、松くい虫の被害が広がっているようでした。

posted by KH at 16:51| 県内出張

2017年03月11日

知的財産フォーラム in 佐賀

3月9日、「知的財産フォーラム in 佐賀」に参加してきました。
会場は佐賀城のお濠端にあるホテルニューオータニ佐賀。新鳥栖駅で長崎本線の特急に乗り換えると約10分で佐賀駅に着きます。鹿児島から佐賀まで意外と近く感じました。
IMG_3774b.JPG
JR佐賀駅

城下町佐賀はひな祭りの開催中。
IMG_3771b.JPG

フォーラムは「海外展開を見据えたブランド化」と、脚光を浴びつつある「地理的表示制度の活用」。後者の地理的表示は保護制度が始まったばかりなのでメリット・デメリットがあり、よく考えて利用する必要がありそうです。

フォーラム後の交流会のあと、みんなで隣の佐賀県庁へプロジェクションマッピングを見に行きました。夜に県庁の最上階で楽しむことができます。あまり宣伝していないようですが関心しました。
IMG_3791b.JPG
バルーンのプロジェクションマッピング

佐賀市内には歴史的史跡も多く、長崎街道には町家や明治時代に建てられた西洋建築物が残ります。
IMG_3829b.JPG
来年は明治維新150周年。薩長土肥連合の一員として一緒に盛り上がりたいですね。

posted by KH at 14:51| 県外出張